用語解説

用語解説

萌芽更新:広葉樹の天然更新方法。仕組みを解説!

萌芽更新(ほうがこうしん、ぼうがこうしん)とは、主に広葉樹で見られる特性の一つで、伐採後の切り株から新しく芽がでることで、根はそのままにクローンである幹が更新されていくことを言う。 コナラやくぬぎと言った落葉広葉樹、カシやツバキなどの常緑広葉樹どちらにも見られる特徴である。 タネから出る実生よりも成長が早いことが特徴で、伐採後の林冠ギャップを素早く埋めることができるが、密度は粗めで、強度よりも成長量を優先していると考えられている。
用語解説

林野庁:日本の山管理の親玉

「林野庁」の用語解説です。
林業ニュース

【セルロースの驚くべき世界】地球の未来を担う持続可能な素材:セルロース

セルロースは地球上に最も豊富に存在する有機化合物ですが、セルロースについて詳しく知っているという人は少ないのではないでしょうか。 この記事では、セルロースについて実例も含めて解説していきます。
タイトルとURLをコピーしました